ぼっち大学生のブログ

情報を分かりやすく届ける

【雑記】将来やりたい事

ブログに書くような事ではないかもしれないけど、なんとなく書きたくなったから書こうと思う。僕の将来やりたい事をつらつらと書いてみた

 

 

1親に恵まれなかった子供を支援する仕事

産まれてくる子供は親を選べない。世の中は立派な親御さんもたくさんいるけど悲しいかなそうでない親ーいわゆる「毒親」も少なからず存在する。アル中やDV癖、ギャンブル狂や働かない親など人間性に問題のある親だ。

 

こうした家庭に産まれた子供の人生は自ずとハードモードになる。将来の選択肢は狭くなるし、人格形成の上でも悪影響が出てしまう。ストレスだってたまる。

 

「彼らに何の罪もないのにも関わらず」だ。一方で、裕福な家に産まれた子供は将来の選択肢も多く金銭的な悩みを抱える事もない。「家庭に恵まれなかった子供」と「家庭に恵まれ子供」の両者の違いは、ただの運だ。なのに両者の人生にはあまりにも大きな格差がある。こんなの理不尽すぎるだろう。

 

だから僕はこの現状を改善したい。

具体的には、まず彼らが逃げ込めるコミュニティを作ろうと思っている。

 

暴力を振るってくる親などから逃げ込めて生活が出来る場所だ。子供には自活する能力がなく、家出をした所で警察に補導されてしまう。かと言って家に戻れば毒親がいる。

 

その救済手段として、第二の居場所が彼らにとっては必要だ。

この施設を運営するには、物件を用意したり、食料を用意したり、人員だって必要だし子供を預かるなんて法的に引っかかることもおそらくあるだろう。

 

しかし、僕は彼らが逃げ込めるコミュニティ、居場所は必要だと思っているので何らかの形で実現する。

 

また、彼らのキャリア支援ー仕事の斡旋であったり、進学の金銭的支援も必要だ。課題は山積みだが粛々と行っていく必要がある。

 

2政治や経済などの情報を子供向けに分かりやすく面白く伝える

世の中には数多くのメディア媒体ー新聞、雑誌、TVなどが存在する。

ほとんどのメディアは、政治や経済、国際情勢などのトピックを扱う時は我々が予備知識を持っていることを前提としている。だから分かりづらい。

 

子供や若者がこれらの話題に興味がないのは、メディアの伝え方が分かりづらいからだと思う。分かりやすかったり面白ければ政治に関心のある層は増えるはずだ。

 

政治や経済に興味がない人間が多く存在しているのはマズイ。自分が住んでいる国なのにその国の状況を把握しておらず、かじ取りも任せっきりだからだ。

 

もちろん国の政治や経済の状況をすべて把握するなど到底無理だ。しかし、少しでも知っていれば役に立つはずだ。

 

実は、このブログで経済のネタや歴史のネタを取り扱っているが、「わかりやすく伝える事」-これが中々難しい。試行錯誤を繰り返していくしかない。

 

3その他やりたい事リスト

1マイナス思考を止める

2やりたい事はすぐに実行に移す

3時間を無駄にしない

4自分を信じる

5人に優しくする

6悪口を言わない

7自信を持つ

マルチリンガル(多言語話者)になる

9マッチョになる

10他人と比較しない

11彼女と夏祭りへ行く

12TVに出る

13取材を受ける

14高級な寿司を食べる

15外国人の友達を作る

16幸せな家庭を築く

17後悔しない人生を送る

18ブログを有名にする

19子供たちの人生に良い影響を与える

20「ぼっち」の人をブログを通して励ます

21ルサンチマン、嫉妬を抱えている人を励ます

22自分の欲求に素直になる

23バーへ行く

24夜景を見に行く

25タワーマンションに住む

27失敗を気にしすぎない

28人に感謝してもらえるような事をたくさんする

29インフルエンサーに会う

30インフルエンサーになる

31銀座で食事する

32毎日を大切に生きる

33過去を振り返らない

34沖縄へ行く

35北海道へ行く

36TDLへ行く

37留学する

38世界史に詳しくなる

39バックバンド演奏付きで思いっきり歌う

40犬を飼う

41猫を飼う

42遠慮しない

43友達を大切にする

44クルージングパーティーへ行く

45高級なジャケットを買う

46時計を買う

47革靴を買う

48実際のロケ地で「Tommorow never Knows]ごっこをする

49クラウンに乗る

50サイサイに会う

51主体性を持つ

52他人に期待しない

53感情を他人に左右されない

 

4最後に

皆さんの将来やりたい事はなんですか?良かったらコメントで教えてください!

読んでいただきありがとうございました