【自己啓発】努力が無駄にならない理由

努力は報われるのか否か論争って度々起こりますよね。

才能がないといくら努力しても無駄だとか、

正しい方法で努力をしないとダメだとか、

ただ闇雲に努力したって意味がないとか、

いやいや必ず努力は報われるんだー!とかとか

 

まあとにかく賛否両論ありますよね。

 

で、実際どっちが正しいのか。

僕の意見はこうです。

 

「『努力』をある特定の目標達成の手段と定義するならば、報われない事もある。

しかし『努力』をそのように定義せず、自分の中で何かに活かせる材料が増えた」

とするならば無駄ではないと思っている。

 

つまり、

「努力」は何も目標達成の為の手段だけじゃないんだぜって事です。

考え方次第だと思います。

 

1つ例を挙げます。

 

例えば僕は、中高時代それなりに勉強を頑張っていました。

テストでも学年上位に毎回入れるよう努力していました。

 

しかし、第一志望だった大学に落ちてしまい、

結果として中堅私大に現在通っています。

 

この時2つの考え方をする事が出来ます。

 

1つ目は、

「『努力』をある特定の目的達成の為の手段」とするならば、

僕が中高時代勉強を頑張った事は「無駄」となります。

 

つまり。努力が無駄になってしまったとする考え方。

 

2つ目です。

 

2つ目は

「『努力』した事によって自分の武器が増えた、あるいは何か他の事に

活かせる材料が増えた」と捉えるならば

僕の努力は無駄にはなりません。

 

僕は今、塾講師のバイトと英語の資料をまとめるバイトをやっています。

以前は飲食店やスーパーでバイトをしていたんですけど、現在のバイトはそれらと比べてかなり楽です。それに楽しいです。

 

塾講師や英語を使ったバイトは、中高時代それなりに勉強をしておかないと

できません。勉強したからこそ出来るバイトです。

 

要約すると、

僕の中高時代の努力は、「第一志望の大学に合格する」という「目的」は

達成できませんでしたが、この努力が「他の事に活かせている」ので

無駄になったとは思っていません。

 

Apple創業者スティーブジョブズの有名なスピーチの一節に、

こんな言葉があります。

「点と点の繋がりは予測できません。あとで振り返って、点の繋がりに気付くのです。今やっていることがどこかに繋がると信じてください。」

 

自分がいまやっている事がいつかどこかで繋がる時が来ます。

なのでどんな努力も発想次第では無駄にはならないんです。

 

皆さんはこの記事を読んでどう思われましたか?

良かったらコメントください。

読んでいただきありがとうございました。