サークル選びには気をつけろ

大学生活において、サークルは、バイトやゼミと並ぶ非常に重要なものだ。

 

一緒に過ごす時間が必然的に長くなり、多少なりとも苦楽を共有するので、

思い出に残る様な体験も、仲の良い友達も、そこで生まれる。

 

中学・高校で友達が出来やすかったのは、部活や行事など集団で何かに取り組んだからだ。サークルもそれと同じ理屈で親密度が高まりやすい環境にある。

 

偉そうなことを書いてしまったが僕はといえば、サークル選びに失敗した。なので今回は自分の体験談を書こうと思う。

 

 

1サークルを選ぶまで 大学一年生4月

そもそも僕はあまりサークルの見学へ行っていない。

この時期の新入生はといえば、皆浮かれている。新しい生活に期待を抱き、始まった大学生活だ。キャンパスをひとたび歩けば、おびただしい数の先輩からサークルの勧誘を受け、友達作りの一環としてあちらこちら新歓に顔を出してはタダ飯を食らい調子こいて酒を飲んで駅前で吐いている・・・。

 

で、僕はと言えば、素直に物事を楽しめない人間なので、「ま、いっか。どうせそこで出会った友達なんて後々会わなくなるし行くだけ無駄だな」なんて考えてて興味のあるサークルへしか行かなかった。

 

僕が見学へ行ったのは確か4つだった。バドミントン部・英語会・アイドル研究会・そして後に入部する事となる外国語愛好会だ。

 

高校時代、バドミントンをやっていたこともあり、まずはバド部へ足を運んだ。

ゆうても同じ部活である。やってることも想像ついたし実際にやってみて新鮮味を感じる事はなかった。それにバイトを週4くらいでやりたかったので入部は辞めた。

 

英語会へ行ったのは僕が英語の勉強に力を入れているからだった。そこのサークルは英語の弁論大会に専念したり、ディスカッションを行ったり真面目なサークルであった。行ってみて「んーめんどくせw」と思ったのでこれまた入部はしなかった。

 

次にアイドル研究会である。半分ノリ、半分マジだった。それは僕がアイドル好きだからである。部室に入るやいなやアイドルグッズが所狭しと並べられているのが目に入った。部室の中央にはテレビがあって、そこではアイドルのライブが垂れ流しになっていた。部長らしき人に話しかけられ、活動内容について説明を受けていた。活動といっても文化祭の時に完コピした踊りを披露する以外は、アイドル好きが部室に集まってダラダラしているだけらしい。

他の部員は部室の後ろでくっつきながらぼそぼそと話してて、疎外感を感じた。「うまくやってけそーにねえな」と思い入部せず。

 

さて、外国語愛好会である。部室に入ると部員は3人しかいなかった。どうやら今日は皆都合が悪くこれだけしか集まらなかったそうだ。(今思えばこの時点で入部すべきでなかった。新歓期間くらい空けとくだろ普通www)

 

先輩から活動内容について説明を受けた。要するに、「外国語好きの人達が集まって各々が積極的に活動している。それでいて自由な雰囲気。」

との事だった。しかし後で気づいたがこれはまるっきりウソだった。

 

「へー。面白そうじゃん。外国語好きだし、他のサークル見に行くのもめんどいしここに入るか!」

 

こうして僕は外国語愛好会へと入部した。

 

2サークルに入ってから僕は失望した 大学1年,4月~9月

入部したとほぼ同時に、新入生歓迎の為のBBQがあった。新入生は僕含め4人。女子3人と僕。人との会話は得意ではないが、BBQの買い出しの時に軽く話したりなんかして楽しもうと努めた。

 

キャンプ場に着き、自己紹介を交えながら先輩たちと楽しく話し、その日はつつがなく終わった。

 

そんなこんなで通常の活動が始まった。ここで僕は異変に気付く。

部室に足を踏み入れ、皆で机を囲んで座る。さあ、何の言語についての活動をするのだろうと思っていると、部長がやおら日常的な会話をし始めた。もちろん日本語である。そうしてとりとめのない会話をしながら先輩たちもそれと一緒になって笑っている。結局その日はダラダラと駄弁って終わり、部活(?)終了後、居酒屋へ飲みへ行った。

 

まあまあ、1年生が入って初めての活動日だし?いきなりは始めなかったのかな?ワンクッション置いた的なそんな感じだろ。と、無理やり自分を納得させ、半ばモヤモヤした気持ちで帰路についた。

 

次の週。先週と同じノリ。駄弁って、夜になったら飲み行くだけ。

次の週も同じ。それに加えて先輩の半数くらいは休んだりしていた。

全員合わせて7~8人いればいい方。

酷いサークルだった。

 

3サークルを立て直そうと奮闘した 大学1年.10月~3月

これはおかしい。こんなのサークルとは言えない。そう疑問に感じていたしサークルへは次第に行かなくなっていた。秋学期に入るとグループラインからあるラインが届いた。

部長「秋学期から皆で話し合ってサークルらしい活動をしようと思いまーす。」

 

ふう・・・。やっとか。やっとまともになるのか。僕は安堵した。

部室に集まり、皆で話し合った。具体的な活動内容について、欠席連絡の義務化など当たり前の事をまず定着させようとした。

 

そうすると驚く事が起きた。僕の1個上の先輩(7~8人ほど)が揃いも揃って反感を示したのである。開いた口が塞がらないというか、ただただシンプルに怒りを覚えた。

え??なんで?それが普通じゃん。

 

ってことで2個上の先輩と僕らの代、つまり当時で言えば3年生の先輩と1年生の部員しかいなかったわけだ。

立て直しを図る上で新しい部長を立てる事になった。3年生の先輩はもうすぐ就活だ。便宜上、僕が部長を務める事になった。

 

そこで僕は、まず部の方針と大まかな活動内容について考え、元部長と話し合いながら色々とルールを作った。そしてそれを活動に反映させていった。しかしながら1個上の先輩は一向に部室に顔を出さない。

なので、今後活動に参加する意思があるかどうかをグループラインで聞いた。

締め切り日を設け、その日までにラインで連絡するように言った。その結果、多くの先輩は退部する旨を伝えてきた。一人何も連絡をよこしてこず、グループラインを抜け、ツイッターで愚痴ってるバカもいた。

 

そんなこんなで1個上の先輩は全員抜け、残ったのは2個上の先輩2人と同学年4人だけだった。

 

4大学二年生 部員集めに奔走 我慢の限界 4月~5月

そんなこんなで大学一年生の12月あたりには部員の整理が終わり、僕なりに一生懸命考えた活動内容を基に皆でやっていた。「外国語愛好会」は外国語好きが集まるサークルだ。皆それぞれ違う言語について興味がある。ロシア語が好きなヤツもいればフランス語が好きなヤツもいる。それぞれ趣味趣向が違う。言い換えれば外国語において共通の趣味はなかった。

だから、「外国語」についての活動をサークルで行うのは難しい。

 

僕は考えた結果、月ごとに当番を決め、その人が好きな外国語を皆にレクチャーしてもらうといもの。また外国語だけでなくて、異文化についてもプレゼンするように決めた。

 

しかし評判がイマイチよくない。僕のアイデア不足だろう。しかし批判されるだけなんて虫の居所が悪い。せめて代替案が欲しいものだ。と思いつつも我慢し、いつしか大学二年生へと進級しようとしていた。

 

さて、今度は自分たちが新入生を迎える番だ。新歓用のチラシを同級生に作ってもらい、このころには部員は実質4人しかいなかったので、僕1人で入学式へ出向き、ビラを配った。外国語愛好会など地味なサークルである。色々な人に無視されながらも、サークルが軌道に乗ることを信じせっせとビラを配った。

 

努力の甲斐あって、3人が入部してくれた。新入生3人、同級生4人(実質2人)

2個上の先輩2人。少ないけどさあこれから活動を頑張ろう。

 

じゃあ当番を決めて発表しようか。と考えたが数少ない部員のやる気がない。

どうやら当番になった時、自分で内容を決めて発表するのがめんどうくさいらしい。なら代替案を(ry 。

 

2個上の先輩に相談してみる。「とりあえず今後どういう活動にしていけばいいっすかねー?」

先輩「とりあえずなんでもいいからやってみれば?そのうち定着するよ!」

 

いや、俺が考えた内容が定着しなかったわけで、また違う内容考えるのめんどくさいしなんかもう皆やる気ないし・・・。てかなにその無責任発言。

 

かれこれ電話で1時間ほど話す。

 

僕「いいです、もう部活潰しましょう。みんなやる気ないし、どういうサークルにしていけばいいのかわかりません。」

先輩「いや潰すのはもったいない。せっかくサークルという箱があるわけだし、とりあえず続けよう。」

僕「僕もサークル存続させるためにほぼ1人で頑張りました。でもそれでもうまくいかなったんです。もう無理です。辞めます。」

 

そして僕はグループラインを抜けてサークルへは行かなくなった。

 

ただ駄弁っているだけのサークルに入り、立て直しを図ろうと奮起した。協力者もおらず(皆受け身すぎ!)それでもこれでサークルを復活させれば僕自身の成長につながると思い色々と考えた。しかしそれは全くうまくいかなかった。

 

これはあくまで僕から見たサークルの姿だ。他の部員は僕に対して不満があったと思う。僕の事をうっとうしく感じたかもしれない。

 

それでも僕はベストを尽くしたつもりだ。

このことについて思い出すと、悲しさといら立ちで胸がいっぱいになる。

 

 

5結論

よく聞く言葉だけど、まず最初は複数のサークルに入ったほうが良いと思う。

入る前と後じゃサークルの雰囲気って全然違うしね。新歓時期は新入生に優しくするのが当然だし、入ってから態度が豹変する・・・なんてことも考えうる。

 

だから複数のサークルを並行して続けてみて自分に合うものを取捨選択すれば良いと思う。

僕みたいに視野が狭くて、「もうここだけでいいか」って決めるのはあまりお勧めしない。

 

保険として、複数のサークルに入っておくのが鉄則だ。

全部やめて新しく入りなおしてもいい。

 

僕はサークルを辞めた後、新聞を作るサークルをやっているがそこでの活動は結構楽しい。

どうか、素敵なキャンパスライフを送ってください。

 

皆さんはこの記事を読んでどう思いましたか?

良かったらコメント下さい。読んでいただきありがとうございました。

 

p.s 

四畳半神話大系」ってアニメがあってさ、そのアニメは、1話ごとに違ったサークルに入るループものなんだけどあれ見た時すげーうらやましく感じたね。

 

思考・感情の整理 ~犬も食わぬクソ記事~

(※例によってクソ記事です。あなたの貴重な時間を奪うことになるので読まない方がいいです。じゃあそもそもなんでそんなもん書くのか

 

片思いってのは辛いね。今、女性に恋をしてるんだけどその人超美人ですっげぇモテるわけ。で、俺は彼女の事を意識せずともずっと考えちゃってるんだけど、向こうはたくさんのイケメンに言い寄られてる(はずだ)から、俺の事なんかどうでもいいんだろうね、その辺の石ころみたいな感じで。そりゃそうだろう、現実は厳しいね。

 

そう考えるとなんか片思いしてんのがバカバカしく感じてきたわ。結局俺一人で盛り上がってるだけじゃんっていう。とにかく一度頭冷やして落ち着いて考えるしかないな。

 

そもそも俺は人間関係でストレス抱えたくないから、なるべく1人で生きてきたんだけど、こうやって意図せず、ふと女性を好きになってしまうのが怖いんだよね。

 

恋に落ちたってどうせ叶わない、付き合えた所ですぐに飽きられるだろうし、かといってこのまま悶々と悩んでいるのも辛い。

こういう状況になりたくないから俺は人を避けてるんだよね。傷つくのが嫌だから逃げてるっていうクソチキン。クッソきめーな俺。

 

閑話休題

 

なんかさー、人生うまくいかない事多いしさ、夢とか理想には中々届かないし、何が正解かも分からないじゃん?だから何か絶対的な真理にすがりつきたくなるんだろうね。

宗教とかさ、哲学とか自己啓発本とかね。セミナーとかだってそうだし。

 

混沌とした人生だけど「これさえ守ればうまくいく」っていう答えが欲しいし、それにすがる事で安心感が得られるんだろうね。

例えば宗教だったら、今世は辛いけど、神様を信じれば天国で楽しい世界が待っている。だから今は耐えようとかさ。

 

でも、その「真理」をばらまく側はもちろん絶対的に正しいわけじゃないじゃん?

単なるお金稼ぎの為に煽ってるだけかもしれないし、信者を集めて権力欲を満たそうとしてるだけかもしれない。

 

だから他人が言ってることが、どんなに正しいと感じても1歩引いたところで、判断しないとダメだね。

それに結局は自分の人生だから自分で考えていくしかないんじゃないかなー。

 

何が正解か分からないんで、だったら自分を信じて生きようと思いまーす。

 

閑話休題

 

他人の悪意が怖い。普段仲が良い(ように見える)人同士が裏で陰口言ってたりバカにしたりとかしてる見るとゾッとするわ。

例えば、バイトの同僚と常連客が楽しそうに話してて、その常連さんが帰った途端に、同僚が俺にその人の悪口を言い出してさ、俺は何も言えんかった。

 

俺も普段仲良くしてる人に陰口とか言われてるのかなーと思うと怖い。

 

だから俺はなるべく他人の悪口を言わないように努めている。

 

 

以上、ただのくだらない戯言でした。ってかどんだけ俺、他人が嫌いなんだよwww

皆さんはこの記事を読んでどう思いましたか?

良かったらコメント下さい。読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

片思いとかいう地獄

(※警告 今回の記事はマジでキモいです。見るのをお勧めしません。書きたい事を書こうと決めたんです。どうもすいません)

 

僕は親しい友人を除いて、基本的に他人とは深く関わらないようにしている。期待もしないし、信頼もしない。つかず離れずの距離感を保ちたい。

 

それは傷つかないための防衛本能だ。人間関係はストレスの一番の原因だろう。なので人と関わって、嫌われたり、裏切られたり、ひどい事を言われたくがないために僕は逃ている臆病者なのだ。

 

人付き合いを減らしているため、功を奏してか人間関係においてのストレスはあまりなかった。

 

そんな女々しさ全開のクソ気持ち悪い僕だけど、最近は人間関係の事で悩みがある。

 

女性を好きになってしまったからだ。ブサイクで話もつまらない僕に何ができようか。

とはいうものの居てもたっても居られなかった。ソワソワが止まらなかったのだ。

誰かにロマンティックを止めてほしかった。

 

勇気を出して誘ったところ、何回か一緒に食事をさせていただいたが、緊張のあまり大して面白い話が出来ずに終わってしまった。

 

せめて雰囲気を悪くしないように、とにかく笑おうと思った。

 

女「〇〇くん何のバイトやってるの?」

俺「家庭教師です。はははw」

女「え、それ笑いながら言う事?笑」

俺「え、あ、はい笑(うわーやらかした・・・。」

 

ブサイクでつまんねえ男に何の価値があるのだろうか、いやない(反逆)

 

自分にとって相手は特別な存在なのに、相手からしたら俺の事なんて気にも留めずに毎日を過ごしてると思うとゲロ吐きそうになるな、死ぬか。

とりあえず整形費用を稼ごうと思いまーす。

ばーい。

 

大学2年生の秋学期を迎えて(自分語り)

(※備忘録かつ自分の状況整理の為の記事です。ただの自分語りなのであしからず 。)

 

大学生になり早1年半が経った。あっという間に大学二年生の秋学期だ。人間の体感速度は年を重なるごとに早くなるような気がする。

大学に入学して間もない頃はそんな実感など当然なかったが、

諸先輩方が言っていたようにこのままだとあっという間に卒業してしまうのだろう。

 

さて、この時期になったこともあり大学生活にはすっかり慣れた。

 

単位を落とさない為に効率よく勉強したり、授業に影響が出ない範囲でバイトを選んだり、お酒を飲むときも自分の限界を知ったので、ほどほどに飲む。

親密とは言えないけど情報共有が出来る知人を複数持っておくなどなど。

 

まぁ「大学生らしい」事は一通り経験したわけだ。

 

そんなこんなで、秋学期に入り1週間経ったが、最近の僕はまあひどい。

授業に行っても話半分でずっとスマホで2ちゃんのまとめサイト見てるか、授業すっぽかしてゴロゴロしているか。生ける屍のごとく毎日を過ごしている。

 

大学へ受かったときは、大学での勉強をあんなに楽しみにしていたのにこの体たらく。過去の自分に失礼だ、そして、現在の自分が未来の自分を作る。だから僕が今、ダラダラすればするほど未来の僕が困ることになる。その時後悔したって遅いんだ。

 

「あの時もっと勉強を頑張っていたら。」「あの時もっと遊んでおけば。」「あの時自分のやりたい事を見つけておけば。」山のように後悔が湧いてくるだろう。

 

それはどうやったって解決出来ない。過去に戻れることなんてできないんだから。

ならば今やっておくしかない。

 

僕の好きな言葉がある。「きっとあなたは10年後に、あの時に戻って人生をやり直したいと思うのだろう。今やり直せよ、未来を。10年後から戻ってきたんだよ今。」

 

僕のやる気には波があってバイオリズムが乱れがち。

 

前の記事でも書いたように、人生は理不尽で辛くて、意味を考えだしちゃうと生きる気力がなくなっちゃう。

「なんで勉強するの?」「なんで働くの?」「なんの為に生きるの?」

「なんの為に努力するの?」「それに何の意味があるの?」etc・・・

 

こうやって書き出してみるとバカバカしいんだけどね笑

 

辛い、辛いんだけどとりあえずもう少し頑張って生きてみようと思います。

なんとかやっていこうと思います。

あなたはどうですか?

 

読んでいただきありがとうございました。

良かったらコメント下さい。

 

 

 

 

 

人生つまらない

今日も大学の授業をサボった。授業が面倒くさい。

というより、生きるのが面倒くさい。生きる意味が分からないのだ。

 

腐れモード全開なので、あらゆる事に対して「で?それって何の意味があるの?」と考えてしまう。 

 

例をいくつか挙げてみるとしよう。

 

例えば、好きな人が出来たとする。その人といる時間は格別であり、とても楽しい。

でもその人とは付き合えないかもしれない。付き合えたとしてもいつかは別れる。裏切れる可能性だってある。ならば、最初から恋なんてしないほうがマシなんじゃないか。そう考えてしまう。

 

夢や目標があるとする。それに向かって努力することは大変だがその人にとってそれが生きがいとなる。だけど、その努力は報われるかどうかも分からない。努力が報われたとしても、また新たな地獄に足を踏み入れる事になる。私の知り合いの医師を見ていてそう思う。

医者になる為に血のにじむような努力をしたのにも関わらず、医者になってからも職場の人間関係に悩まされたり、仕事が忙しそうで大変だ。

 

これで努力する気が湧くわけがないのだ。努力したところで報われるかどうかも分からず、報われたとてそこで終わりはなく、また新たな地獄が待っているのだ。

 

大学に入る前までは、割と真面目に生きてきた。高校時代は英語の勉強を毎日しながら部活とバイトを並行して行っていた。なぜ頑張れたかというと、「今頑張れば将来が良くなる」と信じていたからだ。

人は希望があれば前を向いて生きていける。しかし現実はそう甘くない。

 

英語が出来るからといって将来がプラスに変わる事などほとんどない。世界には英語を話せる人など何億人、何十億人と存在する。就活でちょろっと役立つくらいだろう。

英語の資格のおかげで大企業に入れたとして、どうせ激務だ、嫌な上司だっている。

で、あるならば勉強などせずにどっか他の会社に入ったって良い。

どうせつらいのであるならば。

 

皆さんは人生楽しいですか?

良かったらコメント下さい。

 

 

 

 

7000円で1泊2日のキャンプをしてきた【奥多摩】

奥多摩氷川キャンプ場でキャンプをしてきた。

 

f:id:mizuki19980513:20180904231049j:plain

1泊2日のキャンプだったが、トータルで7097円しか使っていない。

 

繰り返すが、7097円だ。

 

料金

 

部屋代→5500円 

※一人ずつの値段ではなく部屋としての値段。人数で割って良い

(一人当たり1375円)

 

畳4畳半ほどの部屋の2段ベッドだ。

 

道具レンタル代→鉄板・網・トング・炭・包丁・まな板など→各道具数百円ほど

鉄板・・・500円

網・・・500円

トング・・・200円

炭・・・1200円

包丁・・・200円

まな板・・・200円

計・・・2800円(一人当たり700円)

 

食事代(人数によりけり)

近くの肉屋でBBQセット4人前購入→3200円

焼き肉のたれ→270円

やきそば→320円

お酒・朝ご飯用のパン→2300円

計6090円(一人当たり1522円)

 

その他

敷布団・・・400円

毛布・・・300円

計700円

(個人で会計)

 

シャワー代・・・5分200円

→100円玉しか使えないので注意。平均3~4回ほどお金を使う

(600~800円)

 

総計

7097円

 

7000円ちょいですげー楽しい1泊2日のキャンプが楽しめたのでおすすめです

氷川キャンプ場、いいですよ

f:id:mizuki19980513:20180904231134j:plain

f:id:mizuki19980513:20180904231209j:plain

 

f:id:mizuki19980513:20180904231014p:plain

 

奥多摩町駅から歩いてすぐ。

 

【雑記】箕輪厚介の「死ぬこと以外かすり傷」を読んだ感想

f:id:mizuki19980513:20180902222931j:plain

時代の最先端を生きる編集者、箕輪厚介。

彼の手掛ける本はたて続けに話題となりヒットを連発している。

既存の編集者の枠を超え、オンラインサロンを開設したりTVに出たり講演会に出たりとその活動は多岐に渡る。

 

そんな男が今まで培ってきたノウハウ、仕事に対しての情熱を込め1冊の本を出版した。タイトルは、「死ぬこと以外かすり傷」

 

失敗を恐れず、やりたい事を次々と実行に移していく彼の生きざまがよく表れたタイトルだ。

 

通称「死ぬカス」は書店に並ぶ前から、Amazonランキング1位になった話題作だ。

 

僕はこの本が発売されてすぐ買った。ビジネス書や自己啓発書を読むのは元々好きだし、箕輪厚介という男に興味があるからだ。僕は将来出版業界で働きたいと思っているので、彼の働き方も1つの参考になるのではないかと思っている。

 

この本を読んで改めて感じたのは「やるしかない」という事だ。一流と呼ばれる人たち、今をときめくインフルエンサーはみな一様に、しこたま努力をしている。常人では想像しえないほどの仕事量をこなしている。

 

著書「死ぬこと以外かすり傷」によれば箕輪氏は、締め切りが近い時には午前3時には会社に出社している。

 

芸人として絵本作家として売れているキングコング西野もそうだ。デビューして間もない頃はずっとネタを作っていたそうだし、絵本を書き始めたころも芸人としての仕事をこなしながら、夜長、絵本を書いていたそうだ。周りから、「芸人のくせに」と揶揄されながら。

 

ホリエモンだって、自由気ままに生きているように見えるが、今も昔も半端じゃない仕事量をこなしているはずだ。ライブドアを創業して数年は友達とも遊ばず会社に寝泊まりしながら、休日も取らず働いていたそうだ。

 

Showroomの前田裕二社長も仕事仲間と2次会、3次会まで付き合った後近くのカフェで5時まで仕事をし、9時には会議に出ているらしい(死ぬカスより)

 

彼らには才能があることも間違いないが、その上で胡坐をかくことなく努力をしている。まだ何者でもなく才能があるかどうかも分からない僕がこの人たちと同じ土俵に立てるわけがないと思った。

 

焦りとやる気が同時に出てきたね。

 

僕も自分のやりたい事に向かって、ひたすら突き進んでいこうと思う。

 

 と、いうように自己啓発書、ビジネス書を読み終わった後特有の全能感に満ち満ちている僕であった。頑張ります、ハイ。